電子会計実務試験

kaikei

■出題内容・出題範囲

電子会計実務試験 初級

電子会計データの流れ
各種原始証憑の見方・取り扱い、会計データの入力、各種電子帳簿書類の出力、電子会計データのバックアップとバックアップデータのリストア(復元)等
電子会計情報の活用
各種電子帳簿書類の見方

電子会計実務試験 中級

関連業務等からの業務データ等の活用
購買、製造、販売、在庫管理、給与計算等の関連業務から生成される各種業務データの活用、支店別・営業所別会計等からの会計データの活用
電子会計情報の活用
決算書・資金繰り表等による損益の状況や資金の状況のとらえ方
電子会計データの 保管・管理
電子会計データの 保管・管理方法

電子会計実務試験 上級

電子会計情報の活用
各種電子帳簿書類やキャシュ・フロー計算書、外部ファイナンス情報等にもとづく、利益計画、資金計画、予算管理、部門管理、プロジェクト管理など
会計ソフトの導入・運用
会計ソフトの導入・運用の指導・支援、インターネットバンキングの仕組みの理解等
電子会計データの電子保存と公開
電子帳簿保存法等の理解、財務情報のWebサイトへの公開
電子申告・納税システムの理解
電子申告、電子納税、電子申請・届出等の理解
企業会計以外の会計 システムの理解
NPOや公益法人等の会計の仕組の理解

■対象・試験時間・問題数・出題形式・得点

電子会計実務試験 初級
対象:企業の経理担当者、NPO、公益法人などで会計実務に携わる者、および一般社会人、学生・生徒
問題数:20問
出題形式:択一式(一部数値記入)
得点:100点(70点以上が合格)
受験料:\4,120.-
電子会計実務試験 中級
対象:企業や公益法人などの会計実務及び財務責任者
問題数:21問
出題形式:択一式(一部数値記入)
得点: 100点(70点以上が合格)
受験料:\7,200.-
電子会計実務試験 上級
対象:電子会計情報を活用して経営に携わる者、経営の助言をする者
問題数及び出題形式:文章題を1問、会計ソフトを使用して解答する問題1問の計2問を出題予定
得点:100点(70点以上が合格)
受験料:¥10,290.-

会計ソフト
本検定試験は、実際の会計実務と同様、会計ソフトを起動して施行いたします。
試験対象となる(試験で使用できる)ソフトは弥生会計・会計王・PCA会計X の最新バージョンとなります。

問い合わせ先

弥生問い合わせ先
弥生スクール事務局 Tel:03-5207-8849
会 計 王 問い合わ先
ソリマチ(株) Tel:03-5475-5301
PCA会計 問い合わ先
ピー・シー・エー(株) Tel:03-5211-2700

■試験方法と合否判定
初級・中級試験会場のパソコン等を利用して、試験の自動実行プログラムおよび試験問題を、インターネットを介しダウンロードして実施します。試験終了後、受験者の答案(データ)がインターネットを介して採点され、即時に合否判定を行い、結果をご通知します。
上級採点は中央採点(日商において試験委員による採点)で行い、100点満点で70点以上が合格となります。合否発表は、試験実施約1ヵ月後の予定です。試験結果は試験会場にご連絡するとともに、検定ホームページにて受験番号と試験結果を掲載いたします。(受験番号は全国ベースで試験開始順に割り当てられ、試験終了後、画面表示されプリントアウトできます。)

■試験日

電子会計実務試験初級
電子会計実務試験中級
電子会計実務試験上級

■試験会場:
弊社オフィス

お問い合わせ先
試験日についてのお問合せも可能です。
株式会社オフィス・モア□□□more-school@office-more.co.jp